読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE CIRCLE OPENS.

夏至のブログです。選ぶことをシンプルに。かくて再び円環はひらく。14 Feb 2016

《はじめに》ほんとうに簡単な自己紹介とリーディングの案内

問い合わせ先がわからないという問い合わせをいただきましたので、改めてお知らせしますね。

 

ほんとうに簡単な自己紹介 

About Me - THE CIRCLE OPENS.

 

リーディングについてはこの2つ

リーディングについて ルール編 - THE CIRCLE OPENS.

リーディングについて 補足:時間や申し込みなど - THE CIRCLE OPENS.


 以前は、メール・面談や電話でのやり取りをセッションと表現していましたが、しっくりきていなかったので、リーディングという表記に改めます。

何かのテーマにそって、複数の方の前でお話するときはワークショップとしますね。

 

2月の光

お久しぶりです。繁忙期という言い訳を今からします。

繁忙期でした。

 

2月は好きな月なんですよ。

ヨーロッパでは、春は温度の差でわかるらしいですが、

日本では、光の量の違いですね。

まだ寒いけど、光の量が増えているというのは、

本能に影響するような。

 

3月の雨と4月の風が美しい5月を作る、とイギリスではいうらしいですが、

雨と風は逆かな、

日本では、2月の光が春を作るのだと、3月に入ってから思うわけです。

 

報告や相談がまた増えてきました。

そういう季節なのでしょうね。

わたしもいろんなものを整理して、厳選する季節がやってきました。

この技術はこういう時には、ほんとうに向いてますが、

その出てきた結果をどう使いこなすかは、それぞれ個人の非常に個人的な問題です。

他人は関係ないんですよね。

 

8 March 2017

広告を非表示にする

似ている

最近読んだ書評の中で、これはにてるなあと思った一節より。

 

「真の戦略的計画の本質とは長期計画ではなく、不慮の事態や予期せぬ出来事に対する計画である」

 

結局この技術は、こういう時のためにあると思います。

もう一つは、普段の選択を少なくするために。

 

9 February 2017

広告を非表示にする

陰暦正月二日

陰暦正月ですね。

比喩的な意味でもなく、スピ系の語彙でもなく、光の量が増えてきますね。

 

先日,ローグワンを見てきました。

スターウォーズのスピンオフ作品ですね。

個人的には好きな作品です。

 

圧倒的な何かに触れると,

自分は何をしてるんだろうと思うわけですが、それがエネルギーになるわけですよね。

危機感がエネルギーになる。

 

今年はそのエネルギーの使い方を変えようと思います。

フィジカルな強さに変えようと思います。

 

29 January 2017 

広告を非表示にする

もうすぐ陰暦正月

早かった。

もう少し時間があると思っていました。

あっという間に本当の正月。

 

整理整頓して、防災グッズを確認して、

他にもすべきことがありますものを。

まあ、日々準備です。

 

シンクロしていろんな情報が集まっているんですが、

それぞれが相反しているんですね。

こういうことは珍しいので、注意して見守っています。

個人的な事柄なので、詳細は例によって秘密ですが。

 

シンクロしていろんな情報が集まってくるって、昔はもっと頻繁にありました。

特殊な力を持ってからは、意図的にそういうものを集めているのだと思いますが、

ちょっと懐かしくなりましたね。

本や音楽や、日々のどこからかそういう何かを得ようと思っていた頃が。

 

26 January 2017

広告を非表示にする

答えの出る部分

以前頂いた質問なのですが、

答えが得られるのは指だけですか?という内容のものがありました。

(みた人でないとわかりにくいですね)

実際は、いろんな箇所に設定できるようです。

わたしは首にも設定しています。

イエスなら、頷きますし、ノーなら横に振ります。

自然な動きですよね。

 

おそらくどの人も体のどこかには反応が出ているはずです。

その位置や反応の出方を少し変えるだけで、技術として認識できます。

つまり使いこなせるようになるんですね。

野生の勘を否定するわけではありませんが、

それだけでは、プランは組めません。

 

今日はわたしの住む地域も大雪でした。

雪を踏むっていいですね。

雪国ではないので、非日常ですね。

 

15 January 2017

 

広告を非表示にする

ワークショップの中身

ワークショップはどんなことをするんですか?という問い合わせがあったので、

こちらでも返答しておきますね。

 

だいたい5,6人での開催をイメージしています。

まず、最初にわたしの技術をそれぞれの方にコピーしてお渡しします。

使えるようにセットします。

ぎこちない文章ですが、シンプルなんですよ。

ダウンロードしてインストールするだけです。

実際、つかってみるんですが、

コツはいくつかあります。

問いの立て方ですね。

自分のことを確認するときと、自分以外のことを確認するときとではやはり異なるアプローチをしたほうがいいです。

また、見えない側、見える側双方に共通するルールがいくつかあるように思います。

そういったこともお話しします。

 

参加者の方の質問に答えたり、お一人お一人とのリーディングも必要であれば行います。

WSでは、サポート役に徹したいと思いますが。

宿命も運命もありません。

今ある条件がスタート地点で、後はどうやってゴールまで進むかだけです。

風水が同じような考え方をしますが、

こういう技術は、ただリーディングするだけじゃないんですね。

次の選択肢、次善の策というものを選んでいくんです。

 

あ、わたしみたいに高速で手が動く必要はありません。(みた人でないとわからない描写ですが)

答えが得られれば方法はなんでもいいんですよ。

 

14 January 2017